私ができること

台風や地震で被害に遭われた方が、1日でも早く心穏やかな日常が戻ることを心よりお祈りしております。

病院勤務時代、担当病棟の患者さんに毎日会いに行ったり、チーム医療のメンバーで重症患者さんについて話し合ったりしていました。

予防医療をすすめるフリーの活動を始めて、恩師のチーム医療の代表の先生に会いに行くと「お前はこっちの世界が合ってるかもな」と優しく言われました。

先生にはお見通しだったと思います。

私は患者さんへ感情移入しすぎてしまい、亡くなる患者さんやその家族を前にして、ごはんが食べられなくなることもありました。

一番尊敬する職業は、その場面を何度も経験しながら患者さんに寄り添うドクターと看護師さんです。

私ができること。私が力になりたいこと。
みんなの笑顔が続くように、重病になる前に食い止めること。

災害が多くなっている日本で、パッククッキングや、避難所でのアレルギー対応、離乳食。

新潟は震災を経験し、知識を持った栄養士もたくさんいらっしゃいます。

また職種は違えど専門家が協力して「その時」のために備え、伝えること。

やるべきことはまだまだたくさん。
力になる一人になれるように頑張りたいと思います。

Food Communications

心を育む食事で 地域の健康的な未来を創造する

0コメント

  • 1000 / 1000