偏りなく食べる

新潟県食育協会主催の講演にお誘をいいただき、参加をしてきました。

大学時代の恩師や、京都大学名誉教授の森谷敏夫先生の講演を聴くことができ、様々な食のブームに対して、私が日々感じていることをズバッと爽快に言い切ってくださり、スッキリとした気持ちになりました。

糖質制限。
程度はあるものの、ごはんを食べない(抜く)ことに関して私は反対です。

まして、成長盛りの子どもに制限をしてしまうことはとても危険。日本や海外での研究や論文もたくさん出ていますが、根拠に基づいたものかを見極めることが大切です。

森谷先生のご講演は、さらにスポーツ医学からの観点で運動の必要性を話されており、最近デスクワークが多い自分も反省💦
筋肉が大事....本当に....

そして講演では触れてませんでしたが、個人的には脂肪酸のバランスが日々の食事で大切だ、と自主セミナーではよく話をしています。

肉や植物油だけ摂っていると、n-6系の脂肪酸ばかりが増えて身体に炎症を起こします。
脳にも身体にも、魚の油(n-3系)は大切です。

つまり、ありきたりで面白味がないですが

『偏りなく食べる』
『栄養素はチームプレイで働く』

いつの時代も、この事を忘れないでほしいなと思います。

※今月のセミナーはこちら↓↓
ご参加をお待ちしております^_^
https://www.facebook.com/events/639859403032668/?ti=cl

Food Communications

心を育む食事で 地域の健康的な未来を創造する

0コメント

  • 1000 / 1000