命のバトン

「雪を降らすぞー!!」と雷が鳴り、
本格的に冬本番となりました。

雪を見て、抱き合い喜ぶ子どもたちが
ああ...うらやましい。笑


先日、自分の想いや活動を
皆さんに伝える機会がありました。

約3分の発表タイム。
結局、4分くらいになってしまいましたが
頭で思っていることを言葉にまとめ
皆さんに分かりやすく伝えること、
口に出すことの難しさを知りました。

私は何を想って
何のために活動をしているのか

病院勤務や色々な出来事から
命とは、生きるとはを考えてきた20代。
子どもが生まれ、ますます願うことは

ー次世代を担う子どもたちが
幸せな人生を送ってほしいー


溢れる情報、溢れる食品、
増え続けている心や体の病。
たぶん今よりもっと
生きづらい世の中で、
大人になった子どもたちは
生きていくことになると思います。

私がしている草の根のような活動が
ようやく実を結ぶのは、
たぶん30~50年も経った後。
長いスパンを見据えて、
何を伝えていくべきなのか。

健康診断でひかかったり、
病気を発症した方と日々接する中
大体の原因の予想がつき、
その改善方法をどのように
自分の生活に組み込んでいくのか。

原因を探るよりも、
今までの生活習慣を変えることが
一番難しいところです。

幼い時から、健康的な生活習慣を
身につけてほしい。
私が死んだ後も、空の上から
幸せな生活をしている
大人になった子どもたちを見ていたい。

願わくば、まずは長岡市や新潟県から
何十年後に「長寿の街(県)」で
有名になってほしい。
そこからどんどん輪が広がっていけば
いいなと真剣に思っています(笑)

そのために
今、バトンを持っている私達大人が
しっかりと「命のバトン」として
子どもたちに手渡してあげたいと
思うのです。

堅苦しい話で、上手く
言葉にできているかわからないけど

我が子も、周りの子どももみんな
本当に可愛くて仕方がないです。

いい人生を全うしてほしい。
幸せな未来でありますように!

Food Communications

心を育む食事で 地域の健康的な未来を創造する

0コメント

  • 1000 / 1000