「おいしい」エネルギー

まだまだ免疫をつけるお年頃。
娘は流行りのRSで入院中。

食べることが大好きな娘が
熱と激しい咳で
何も食べれなくなり、
たまたま私用に作ってもらった
実家の母の手作り弁当を
娘にもほんの一口食べさせたら
「おいしいね~」とニッコリ。

その一口に、
どれだけのエネルギーが
込められていたのか分からないけど、
その後久々におしゃべりをする
娘の姿が見れました。

実家の父まで、
孫娘に食べてもらいたいと
炒め物や味噌漬けを作り、
その想いが伝わったのか
「じじのもおいしいねえ」の一言に
ガッツポーズの笑顔溢れる父に
思わず笑ってしまいました。


病院勤務でも感じていた
「おいしい」の大きな可能性。

栄養がある食事はもちろん大切だけど、
「おいしい」と思う瞬間に
生み出されるエネルギーは
計り知れません。

「おいしい」と思えると
血液検査の栄養状態が
改善することも多々あり、
患者さんの「おいしい」気持ちが
どうやったら生まれるのか、
ベッドサイドに通った日々が
娘の入院で思い出されます。

消化と吸収
食べ物と心

このキーワードが
今の私のセミナーに繋がっています。


久々に娘と真剣に向き合う時間。
大切にしたい1週間です。

はれいろごはん

ママと子どもの栄養コンシェルジュ

0コメント

  • 1000 / 1000