児童館での食育講座

園からの帰り道、娘が

「ママ、お日さまがお帰りって言ってるよ」

と夕日を指さして言いました。

娘には聞こえるたくさんのメッセージ。

大人になり、時間に追われて過ごしていると

そんな小さなメッセージも

気づかずに過ごしてしまうのかなあ…

時々は自然に耳を傾ける

余裕を持ちたいなあ…と思う日々です。

 

今日は市からの委託で

小学校低学年の子どもたちに

児童館で食育講座を行いました。


今日は「三色の食品群」の説明を

依頼されていたのですが、

みんなすでによく知っている!!

私からのどんな質問にも

元気に答えてくれました。

保育園や学校の先生方、もしかしたら家でも

食育をされているのかなと思うと、

すごく嬉しくなる瞬間でした^_^

    

「みんなの体は食べたものからできているんだよ」

「食べ物はみんなの口に入るまでに、

たくさんの人の思いが込められているんだよ」

「うんちをすることってすごく大事なんだよ」

 

と、色々な視点からお話をさせてもらい

その度に可愛い反応があり

子どもと関わる仕事ができて本当に幸せに思います。

 

長いお話でもちゃんと聞いてくれて

小学生はお兄さん、お姉さんに

なるんですね!!

男の子からの意外なツッコミも

息子で慣れているため、うまく返せた自分に

満足でした。笑


Food Communications

心を育む食事で 地域の健康的な未来を創造する

0コメント

  • 1000 / 1000