伝えられるもの

先日、妊婦の友人に会いました。

ママにとって

赤ちゃんと同じ時を刻む

貴重な約10カ月間。

友人はおなかをさすりながら

「会いたいけど、今も大事」と

とても優しいまなざしで

お腹に語りかけていました。

  

そうだよね・・・

確かに赤ちゃんに早く会いたいけど

 "一つ” でいられる時間は

この先もうないんだもんね・・・

なんて友人と話しながら

少ししんみりしてしまい、

自分が妊婦さんだった頃を

振り返ったりしていました。

 

私の場合、

幸せなことばかりではなかったなあ。

つわりは本当に辛かった!!

出産は1日以上もかかり

のたうちまわっていた!!

でもなぜか

今となってはすべてが

かけがえのない愛しい思い出です。

  

 

出産したら、

あとは離れていくだけ。

 

離れるというより

一人で歩いていけるように

背中を優しく押してあげたり

見守ってあげるだけ。

 

限られた時間に

何を伝え、何が残せるのかな

 

いつまでも可愛い笑顔を

守ってあげられたらいいのにな

 

と、色々なことが頭をめぐります。

 

 

お腹に宿った日から

まだ目には見えない

愛しい存在のためにできること。

 

お母さんの優しい声

太陽の明るさ

美味しい味

大切な栄養

 

医学では研究段階ではあるけど

胎児の時から

お母さんからもらうものは

たくさんあるそうです。

 

今月は5月でも開催した

「妊娠中の食事の摂り方」を

再び開いてみようと思います。

 

体験談や余談も含めて

妊娠期が楽しく健やかに送れるように

一緒にお話ししてみませんか^_^

 

もちろん、若い女性の方や

妊娠を希望されている方も

大切な「いつか」の日のために

ご参加をおまちしております。

 

【ママから届ける君へのプレゼント】

開催日:7月5日(水)

時 間:10時30分~11時30分(60分)

会 場:長岡市社会福祉センター「トモシア」

参加費:1,500円

定 員:6名

申込み: food.c.1981@gmail.com 

はれいろごはん

ママと子どもの栄養コンシェルジュ

0コメント

  • 1000 / 1000